TEL:03-3811-1003(代表)

FAX:03-3811-1266

info@flon-ind.com

お問い合わせ

© 2020 by FLON INDUSTRY

フッ素樹脂コーティング

フッ素樹脂のもつ耐熱性、耐薬品性、非粘着性、低摩擦特性、電気特性、不燃性などの 非常に優れた性質を金属やセラミック、ガラスなどの表面に塗装することで基材表面にその 特性を与える技術です。

フッ素樹脂コーティングとは

FLUORESIN COATING

フッ素樹脂のもつ耐熱・耐寒性、耐薬品性・耐食性、非粘着性、低摩擦特性、電気特性、不燃性などの非常に優れた性質を金属やセラミッ ク、ガラスなどの表面に塗装することで基材表面にその特性を与える技術です。 コーティングは、用途により塗膜となるフッ素樹脂の種類がことなり、その加工方法も変わりますが、一般的には基材表面の物理的表面処理 (サンドブラストによる粗面化など)、塗装(液状塗装や静電粉体塗装など)、乾燥、焼成、冷却の順で行われます。 塗膜の厚さも塗料の種類によって異なりますが、1回の工程で約20 ~200µで、塗装と加熱溶着を繰り返すことで、厚く塗ることも可能です。

フッ素樹脂コーティングで出来ること

部品や設備の保護

薬品や摩擦、電気などの外的影響から、機械部品や設備を保護し ます。 これによって薬品による錆や摩擦によるキズ、帯電などが最小限に 抑えられ、部品や設備が長持ちします。そのため、取替えやメンテ ナンスの頻度が少なくなり、コストダウンにもつながります。 また、表面処理材は負荷の大きい環境にさらされるため、高耐久性、 高機能性材料が選択され最適の表面処理技術でお客さまが望む 【モノ】として提供されます。

作業効率のアップ

重いものを少ない力で動かしたり、洗浄やメンテナンスの回数を減 らしたり。あるいは焼型や鋳型などの型離れを良くしたり。 工具や 治具、金型などに表面処理することで、人や機械にかかる作業量、 時間を少なく抑え、作業効率を高めることができます。

安全性の確保

たとえば、エスカレーターのステップの側面壁(スカートガード)には フッ素樹脂のコーティング加工が施されています。 すべりの良いス ムーズな動きを促すことで、巻き込みの事故を防ぎ、利用者の安全 を守っています。

騒音の緩和

ネジなどのパーツが大量に集積したり運ばれたりする製造工場では、 騒音も悩みの種です。そんな騒音は、パーツ搬送用の器具に防音 性の高いフッ素樹脂コーティングを施すことで緩和されます。 高価な 防音設備を導入せずに、フッ素樹脂コーティングだけで騒音を抑える ことが出来た事例もあります。

高精度の表面処理

200µm(0.2mm)φのノズルに50 ~ 100µm(0.05 ~ 0.1mm)の 非粘着処理を施すことにより寿命が5 ~ 10倍延びた例があります。 これは高精度のノズル径を落とさずに汚れ物質が付着しない表面処 理を行うことにより実現したものです。

再コーティング

コーティングした塗膜が劣化してしまった場合には、SUSやアルミな どの場合は繰り返しコーティングしなおすことで母材が再利用でき、 経済的です。

導電性の付与

優れた絶縁特性をもつフッ素樹脂は、絶縁体の摩擦によって生じる 静電気を帯電しやすい素材です。この帯電した静電気は時に火花放 電を起こし、重大な事故につながる可能性があります。 非粘着、耐 薬性という特性を生かしたままで導電性の PFAコーティングをするこ とで、防爆対策することも可能です。

こだわり

● フッ素樹脂コーティングの品質について フッ素樹脂コーティングは、成形品、フィルムなどの様に単体として 使用する場合と違い、基材(各種金属、セラミックス、ガラス、プ ラスチック、ゴム等)とコーティング材との接着をいかに高めるかが 重要なポイントになります。 そのため、コーティング品が使用される環境を詳しく教えていただき、 コーティング膜に期待される効果を、一緒に考え、300種類ある塗 料から用途にふさわしい選択を行い、加工をします。フッ素樹脂の 性能を100%引き出すコーティング膜の提供を目標にしています。

フッ素樹脂コーティングの価格について

お客様の要求に合わせて、コーティング膜の仕様を決めますので、 都度見積が原則となります。(あらかじめ、指値がある場合には、ご 要望に応えられる様ご相談させていただきます) 見積りをする際に、基準となっている要素は以下のようなものです。

 1. 面積  2. 膜厚  3. 加工材料の種類  4. 形状  5. 重量  6. マスキングの有無

7. 数量  8. 納期  9. 荷姿  10. 使用環境  11. 外観規格の程度

フッ素樹脂コーティングを依頼される前に

1. 基材の汚れ具合はどの程度ですか。

ひどい油汚れ等は付いていませんか。 前に加工した塗膜が付着していませか。

2. 加工温度により基材の変形・変質のご心配の場合

基材と塗膜の接着力を向上させるため脱脂、ブラスト等の前処 理を行います。そのため、基材に変形・変質が発生する場合があります。 また、前処理材が、被加工物にある僅かな隙間に入り取り除 けない場合もあります。

3. 基材の耐熱性は

約400℃の焼成炉にて焼成を行いますので、耐熱性のない物 は変形等が発生します。 耐熱性のない部品等が、付属してい る場合は、予め外して下さい。 尚、低温焼成のフッ素樹脂コー ティング加工もありますので、ご相談下さい。

4. 加工をしては困る箇所はありますか

コーティングが、必要な箇所、不必要な箇所又は、コーティン グがされてはいけない箇所がある場合は、予めご指示下さい。 マスキングして、困る箇所の加工はいたしません。

5. 全面コーティングの場合

吊り穴、吊りしろを確保して下さい。

6. ご希望の品質検査は

品質検査評価については、各種測定、検査機器が準備されて おります。お客様のご希望が特にない場合は、社内規定による 出荷検査を行います。 検査表の必要な場合は、検査項目をご 指示下さい。

7. 引取納入について

お客様で加工品を送っていただければ、加工後、当社から納 品いたします。

安全な取扱い

1. フッ素樹脂コーティング品を高温加熱して使用する場合

フッ素樹脂の熱分解により分解ガスが発生し、誤って吸引すると、呼吸障
害などを起こすことがあるので、下記事項を厳守して下さい。

(1) 指定された使用温度以上で使用しない。
(2) 製品の表面処理膜に、直接炎を当てたり、製品を焼却したりしない。
(3) 製品を溶断・溶接しない。
   (製品を溶断する場合は、先に塗膜を剥離して、溶断作業を行って下さい。)
(4) 局所排気装置を設置し、発生ガスの排気と換気を十分に行う。

2. フッ素樹脂コーティング品を食品調理用として使用する場合

食品調理用のフッ素樹脂塗膜自体は、米国食品医薬品局(FDA)、厚生 省告示20号の食品衛生法に合格しているため、安全ですが、下記事項 を厳守して下さい。 

(1) 使用時に過度の加熱・空焚きをしない。

(2) 製品の表面処理膜に直接炎を当てない。

(3) 製品を焼却しない。

(4) 製品を調理用途以外に使用しない

(5) オーバーヒートする設計のコーティング加工品は使用しない。

3. フッ素樹脂コーティング品を耐食用として使用する場合

フッ素樹脂は、優れた耐食性がありますが、塗膜自体に塗膜欠陥(たとえ ば、ピンホール)が無く、また厚膜であっても、ガス・水分・薬液などが徐々 に浸透していくので、長期間にわたり使用していると、素地が腐食するこ とがあります。

4. フッ素樹脂コーティング品を医療用として使用する場合

元来、フッ素樹脂は、人体に移植したり体液や生体組織に接触したりする 医療器具などへの使用を目的として、特別に設計・製造されたものではあ りませんので、当該用途には使用しないで下さい。

5. フッ素樹脂コーティング品を運搬、積載及び保管する場合

フッ素樹脂は非常に滑りやすい性質があるため、架台が不安定であった り、傾斜していたり、過度の積み重ねをすることにより、製品が落下し、 けがをすることがあるので注意して下さい。

6. フッ素樹脂コーティング品の使用方法

フッ素樹脂コーティング加工品として、本来の用途以外に使用しないで下さい。

コーティング品例

フッ素樹脂コーティングの特性比較表